妊娠中、授乳中はセサミン摂取を控えましょう

セサミンとういのはサプリメントとして注目を浴びていますし、
副作用もほとんどないといわれておりますが
妊娠中や授乳中に摂取してもいいのかというと

もちろん摂取してもいいのですが控えることをお勧めします。


特にサプリメントについてはセサミンを凝縮しているといっても
それ以外にも化学物質が入っている可能性があり、それが胎児や乳幼児に影響する可能性がでてきますのでできる限りの摂取を控えるといいでしょう。

もちろん、妊娠中や授乳中においてはセサミンだけではなく、
他のサプリメントなどもあまりお勧めできません。


安全といわれていてもやはり何かしらの影響が出てからは遅いですので、
一番安全なのは摂取しないということになるのではないでしょうか。


また、それでもセサミンを摂取したいというのであればゴマを食事に取り入れるということをお勧めします。
セサミンはゴマに含まれている成分となりますのでゴマを摂取してもセサミンを少量ですが摂取することも可能になります。

ただ、ゴマを摂取しすぎるとどうしても脂分が多いために肥満になることがありますのでその点は注意した方がいいのではないでしょうか。

一番いいのは妊娠出産の時期だけでも控えておくことをお勧めします。

Copyright (C) 継続が大切 All Rights Reserved.